top of page

ウォリアーズ腕立て伏せバトルロイヤル"最後の腕立て伏せ戦士"戦略×持久力

更新日:4月12日

企画タイトル:

ウォリアーズ 腕立て伏せバトルロイヤル~最後の腕立て伏せ戦士~


究極の戦士たちが繰り広げる、腕立て伏せの闘い。

世界が震える、アスリートたちの極限バトルロイヤル。

限界を超える腕立て伏せの舞台へ、いざ出陣せよ!

ウォリアーズ腕立て伏せバトルロイヤル"最後の腕立て伏せ戦士"戦略×持久力

~テレビ番組企画書~

「勇者たちよ、ウォリアーズ腕立て伏せバトルロイヤル──その舞台は、人間の極限に挑む究極の筋肉競技の領域へ。

ここでは、筋持久力の炎瞬発力の閃光敏捷性と俊敏性の舞踏精神力と集中力の奥義、そして頭脳と判断力の戦略が求められる。

ただ者ではない"最後の腕立て伏せ戦士"の栄光が、世界最強のフィジカルモンスターへの扉を開くだろう!」


概要:

本番組は、腕立て伏せをテーマにした壮絶なバトルロイヤルを描くユニークなスポーツエンターテインメント番組です。世界中から選ばれたトップアスリートや挑戦者たちが、驚異的な筋力と持久力を駆使して、最後の一人になるために競い合います。視聴者は息をのむような戦いを目の当たりにし、感動と興奮を共有します。


番組の流れ:

オープニング:

華やかな舞台で、迫力あるオープニング映像が流れ、MCが視聴者に番組のコンセプトとルールを紹介します。会場には熱狂的な観客たちが詰めかけ、熱気が漂います。


プロフィール紹介:

参加するアームウォリアーズたちのプロフィールとエピソードを紹介します。彼らのバックストーリーやトレーニング方法、腕立て伏せにかける情熱などを通じて、視聴者に彼らの魅力を伝えます。


クオリファイアラウンド:

参加者たちは異なる種目やバリエーションの腕立て伏せに挑戦します。例えば、片手腕立て伏せ、ダイヤモンドプッシュアップ、ワイドグリッププッシュアップなどさまざまなバリエーションを用意します。

特殊なトレーニングアイテムや障害物を活用し、参加者たちは身体能力と戦術的なアプローチを組み合わせて勝ち進んでいきます。


クォリファイアラウンドでは、時間制限やリミット回数などの条件を設けて、参加者たちのパフォーマンスを評価します。上位の成績を収めた参加者が次のラウンドに進出します。


競技案として

種目1: 片手腕立て伏せ

参加者は片手で腕立て伏せを行います。

目標は指定された回数の腕立て伏せを最速で行うことです。

タイム制限や連続した動作の要求など、難易度を上げる条件が設定されます。

例:片手腕立て伏せ30回を何秒で行えるか?


種目2: ダイヤモンドプッシュアップ

参加者は手をダイヤモンド形状に組んで腕立て伏せを行います。

目標は指定された秒数で最多の腕立て伏せを行うことです。

フォームの正確性や連続性が評価され、エクササイズの効果を最大限に引き出す必要があります。

例:60秒でダイヤモンドプッシュアップを何回行えるか?


種目3: ワイドグリッププッシュアップ

参加者は手を広く開きながら腕立て伏せを行います。

目標は指定された秒数で最多の腕立て伏せを行うことです。

ストレッチと筋力のバランスが求められ、幅広い上半身の筋肉を使います。

例:60秒でワイドグリッププッシュアップを何回行えるか?


種目4: バランスボール腕立て伏せorメディシンボール腕立て伏せ

参加者はバランスボールの上かメディシンボールの上で腕立て伏せを行います。

目標は指定された回数の腕立て伏せを最速で行うことです。

バランスと安定性が重要であり、参加者のコアトレーニングと集中力を試します。

例:バランスボール腕立て伏せ50回を何秒で行えるか?


種目5: クラッププッシュアップ

参加者は腕立て伏せの上昇時に手を叩く動作を取り入れます。

目標は指定された回数の腕立て伏せを最速で行うことです。

スピードと反射神経が求められ、パワフルでダイナミックな動きを披露します。

例:クラッププッシュアップ20回を何秒で行えるか?


これらの種目はクォリファイアラウンドで実施され、参加者たちは各種目でのパフォーマンスを競い合います。参加者は技術、スピード、持久力などの要素に基づいて評価され、上位の成績を収めた者が次のラウンドに進出します。


ストラテジックバトル:

予選を勝ち抜いたアームウォリアーズたちは、戦略的なバトルラウンドに進みます。

異なるチームや個人同士が対戦し、相手の弱点を突いて勝利を目指します。チーム戦や個人戦の両方の形式を取り入れます。

バトルフィールド上にはトリッキーなギミックや特殊なルールが設定され、予測不可能な展開が繰り広げられます。例えば、特定のエリアでのみ腕立て伏せが有効となったり、チームメンバー同士が連携して戦う必要があったりします。


競技案として

チームバトル:

参加者は2つのチームに分かれて対戦します。各チームは指定されたエリア内で腕立て伏せを行い、相手チームよりも多くの回数を達成することを目指します。対戦中に相手チームのプレーヤーを妨害したり、戦略的な位置取りを行ったりすることも重要です。


ディフェンス&オフェンス:

参加者は交互にディフェンスとオフェンスの役割を担います。ディフェンス側の目標は相手の攻撃を防ぎ腕立て伏せの姿勢をキープすること、オフェンス側の目標は相手の腕立て伏せの姿勢防御を崩しながら腕立て伏せを行うことです。戦略的な動きや連携プレーが勝利につながります。


特殊ルールの導入:

バトルフィールド上に特殊なルールやギミックを導入します。例えば、特定のエリアでのみ腕立て伏せが有効となったり、障害物を乗り越えながら腕立て伏せを行ったりします。これにより、参加者たちは戦略を立てながら腕立て伏せを行う必要があります。


スコアベースの戦術:

参加者は特定のポイントを獲得するために戦術を駆使します。たとえば、特定の種目や条件で腕立て伏せを行うことで得点を獲得したり、相手の動きを読んで戦略的な攻撃を行ったりします。スコアによって勝敗が決まるため、戦術の選択が重要です。


エリミネーションマッチ:

参加者は順次対戦し、負けた者が次々に脱落する形式です。腕立て伏せの回数やタイムに基づいて対戦結果が決定され、上位の参加者が進出していきます。エキサイティングな対戦と緊張感が視聴者を引き込む要素となります。


スイッチアップバトル:

バトル中に参加者が予期せぬタイミングでチームが入れ替わります。これにより、参加者は即座に新たなチームメンバーと連携を図る必要があります。戦略的なコミュニケーションや適応力が求められ、視聴者に予測不可能な展開をサプライズ演出します。


パズルバトル:

参加者は腕立て伏せを行いながら、巨大なパズルを解いていきます。パズルのピースは特定のポイントで手に入り、参加者たちは腕立て伏せの合間にパズルを解決し、優位な状況を作り出します。知力と体力の両方を要する競技で、緊張感と戦略性が高まります。


ランキングバトル:

参加者たちは事前にランキングされ、上位の参加者同士で対戦します。ランキングは腕立て伏せの成績に基づいて決定され、上位ランカー同士の激戦が繰り広げられます。これにより、視聴者はトッププレーヤー同士の競争を追いかけることができます。


ステルスバトル:

参加者たちは隠密行動を取りながら腕立て伏せバトルを行います。特定のエリアに潜んでいる相手を見つけ出し、奇襲攻撃を行うことが目標です。ステルス技術と戦略的なプレーが勝利に影響を与え、番組に緊迫感とスリリングな要素をもたらします。


チャレンジバトル:

参加者は腕立て伏せの挑戦課題に取り組みます。例えば、時間内にできるだけ多くの腕立て種目をこなす、特定の条件下での腕立て伏せなどが含まれます。参加者は限られたリソースを最大限に活用し、自身の限界に挑戦します。


これらの競技案は「ストラテジックバトル」において採用され、参加者たちは様々な戦術やスキルを駆使して勝利を目指します。


ファイナルバトル:

最後の一人になるために、最強のアームウォリアーズたちが激突するファイナルバトルが行われます。

特別な舞台やプロダクションデザインを活用し、圧倒的な緊張感と迫力を演出します。照明や音響効果、ビジュアルエフェクトなどを駆使して、視聴者に臨場感を与えます。

バトルフィールド上には巧妙な障害物やパフォーマンス要素が取り入れられ、参加者たちは全身を使った驚愕のアクションを披露します。


参加者たちはバトルフィールド上でのバトルに加えて、パフォーマンス要素を取り入れた挑戦を行います。

例えば、空中での腕立て伏せや障害物を駆け抜けながら腕立て伏せを行うなど。

これには、腕立て伏せを音楽に合わせてリズミカルに行ったり、特定のポーズをとったりするなど、創造性とアーティスティックな要素が含まれます。


ファイナルバトルでは、参加者たちは相手の攻撃をかわしながら腕立て伏せを行ったり、素早い動きやスタミナを活かして戦闘を繰り広げます。また、特殊なアームウォリアーズ専用装備やコスチュームの使用も許可されます。


バトルの結果は審査員団によって評価され、技術、戦略、パフォーマンスの要素が総合的に考慮されます。最終的に、最も優れたパフォーマンスを披露し、競技成績が優れた参加者が優勝者チャンピオンとなります。


競技案として

エクストリーム・バトルフィールド:

ファイナルバトルでは、特別なバトルフィールドが構築されます。大規模なセットデザインやプロダクション要素が盛り込まれ、参加者たちはその中で壮絶な戦いを繰り広げます。フィールド上には高さがあり、迫力のある障害物やトリッキーなパフォーマンス要素が配置されます。


チャレンジステージ:

参加者たちは、ファイナルバトルの中でさまざまなチャレンジステージに挑戦します。例えば、高い壁を乗り越えながら腕立て伏せを行う、狭い通路を移動しながら連続腕立て伏せをするなどが含まれます。これにより、参加者たちは体力、筋力、柔軟性、協調性など、さまざまな能力をテストされます。


ラストマン・スタンディング:

ファイナルバトルでは、最後の一人になるまで競技が続きます。参加者たちは激しい戦いを繰り広げ、相手を脱落させることで生き残りを目指します。バトルフィールド上には様々なエリアやゾーンが設定され、参加者たちは自身の生存戦略を立てながら、相手を倒し続けます。


パフォーマンス要素の組み込み:

ファイナルバトルでは、参加者たちは単なる腕立て伏せだけでなく、パフォーマンス要素を組み込んだアクションを披露します。例えば、エアリアルムーブやアクロバティックな動きを取り入れたフリースタイル腕立て伏せ、特殊な道具や装置を使用したりします。これにより、参加者たちはスペクタクルな演技を行い、視聴者に驚きと感動を与えます。


時間制限の追加:

ファイナルバトルでは、参加者たちは制限時間内に勝利を目指します。時間の経過とともにバトルフィールドや競技の条件が変化し、参加者たちは迅速な判断と行動を求められます。タイムマネジメントと戦い戦略が重要な要素となります。


サドン・デス・バトル:

ファイナルバトルでは、参加者たちはサドン・デス・バトルと呼ばれる緊迫した戦闘を行います。各参加者は互いに対戦し、相手を倒すか脱落させることを目指します。一度脱落すると再参加することはできず、最後まで生き残ることが求められます。


スペシャルパワーアップ:

ファイナルバトルでは、参加者たちに高濃度エナジードリンクなど特殊なパワーアップアイテムが与えられます。これにより、一時的に筋力や持久力が増し、優位な戦闘力を発揮することができます。参加者はタイミングを見極めてパワーアップを使用し、戦闘の流れを変える戦略を立てます。


ダイナミックな進行:

ファイナルバトルはダイナミックでスリリングな進行を持ちます。参加者たちは連続した戦闘やチャレンジに直面し、瞬時の判断と行動が求められます。エキサイティングな展開や予測不可能な要素が番組を盛り上げ、視聴者の興奮を高めます。


ファイナルチャレンジ:

最後の一人になるために、参加者たちは特別なファイナルチャレンジに挑みます。これは最後の難関であり、参加者の持久力や集中力、精神力を試す試練となります。ファイナルチャレンジをクリアすることで、最終的な優勝者が決定します。


ファイナルステージのゲーム案+

アームバーナー:

参加者は連続で腕立て伏せを行いながら、特定のターゲットを集中して攻撃します。ターゲットは腕立て伏せの間隔や回数に応じて移動し、参加者は正確なタイミングでターゲットを追いかける必要があります。この競技では、持久力と集中力が重要であり、疲労が蓄積する中でも精確な動作を維持することが求められます。


バーネルスロープ:

参加者は腕立て伏せを行いながら傾斜したスロープを登っていきます。スロープは徐々に急傾斜になり、参加者は身体のバランスを保ちながら進んでいかなければなりません。持久力だけでなく、集中力と精神力も重要であり、疲労が進む中でも正確な動作と落ち着きを保つことが求められます。


ブレイクポイント:

参加者は特定のポイントで一時停止し、その状態から再び腕立て伏せを再開します。ポイントはランダムに設定され、参加者は予測できないタイミングで停止し、再び動き出す必要があります。この競技では、集中力と精神力が試されます。参加者は疲労や不安に打ち勝ち、正確なタイミングで動作を切り替える必要があります。


インフィニティプッシュ:

参加者は腕立て伏せを行いながら、特定のパターンで地面上を移動します。地面上には特殊なマークやパスが設定され、参加者はそれに従って移動しながら腕立て伏せを続けます。この競技では持久力と集中力が求められますが、同時に精神力も必要です。参加者はパターンの変化に素早く適応し、正確な動作を維持しながら移動を続ける必要があります。


エンドレスバーン:

参加者は連続で腕立て伏せを行いながら、バーナーと呼ばれる一連の障害物を超えて進んでいきます。障害物は高さや幅が異なり、参加者は力強い腕立て伏せとジャンプを組み合わせてそれらをクリアしなければなりません。この競技は持久力、瞬発力、集中力、精神力の全てを試すシビアな挑戦となります。参加者は疲労が蓄積する中でも正確な動作と柔軟な判断力を保ちながら、バーナーを次々に乗り越えていく必要があります。


サーキットブラスト:

参加者は腕立て伏せを中心とした複数のエクササイズをサーキット形式で行います。各エクササイズは高強度であり、時間制限内にできるだけ多くのラウンドをこなす必要があります。参加者は持久力だけでなく、集中力と精神力も鍛えながら、限られた時間内に最大のパフォーマンスを発揮する必要があります。


レジリエンスクエスト:

参加者は腕立て伏せを行いながら、特定の課題に取り組みます。課題は身体的な負荷だけでなく、心理的なストレスや認知的な困難を含むこともあります。参加者は持久力、集中力、精神力を駆使して課題をクリアし続けることが求められます。この競技では、参加者の意志力と抜群の耐久力が試されます。


マスターズクライム:

参加者は腕立て伏せを行いながら高さの異なる階層を登っていきます。階層は段々と高くなり、参加者は疲労しながらも集中力を保ちながら上昇していかなければなりません。最上階まで到達するまでの時間が競われ、参加者は持久力と集中力を限界まで発揮しながら進んでいきます。


以上が「ファイナルバトル」の競技案の一部です。参加者たちは圧倒的な緊張感と迫力あるアクションを披露しながら、最後の一人になるために壮絶な戦いを繰り広げます。この競技案によって、視聴者には緊張感と感動が与えられ、番組の魅力が最大限に引き出されることでしょう。


パーソナルストーリー:

ファイナルバトルの合間に、各参加者のパーソナルストーリーを紹介します。彼らの苦労や成長、チームワークの重要性などを感動的に描き、視聴者に感情的なつながりを生み出します。


スペシャルゲスト:

番組には世界的に有名なアスリートやセレブリティを特別ゲストとして招きます。彼らが参加者たちとの対戦や特別なチャレンジに挑戦し、視聴者に驚きと刺激を与えます。


審査とポイントシステム:

審査員団が参加者のパフォーマンスを評価し、ポイントを与えます。技術、筋力、スタイル、創造性など様々な要素が評価対象となります。ポイントはリアルタイムで表示され、視聴者も参加者たちの競技成績を追いながら盛り上がることができます。


視聴者参加型コーナー:

視聴者は番組内でアームウォリアーズたちを応援することができます。SNSや番組ウェブサイトを通じて、メッセージやエールを送ることができる参加型コーナーを設けます。

また、視聴者も自宅での腕立て伏せチャレンジに挑戦し、その成果を番組に投稿することができます。


グランドフィナーレ:

最終的に最も優れたアームウォリアーズが決定され、華麗な表彰式が行われます。優勝者には称号と豪華な賞品が贈られ、番組は感動的なクライマックスを迎えます。


番組の特徴:

腕立て伏せの限界に挑むアスリートたちの壮絶なバトルを描き、視聴者に感動と興奮を与えます。

スリリングなアクション、巧妙な演出、そして参加者のパーソナルストーリーによって、視聴者は参加者たちとの共感と感情的なつながりを体験します。


豪華なセットデザインと効果的な照明、音響効果を活用し、番組全体に臨場感とスペクタクルさを演出します。

参加者の技術や持久力、戦略性を審査し、公正な評価を行う審査員団を配置します。ポイントシステムによって競技成績が可視化され、視聴者は参加者たちの順位や進行をリアルタイムで追いかけることができます。


特別ゲストとして世界的に有名なアスリートやVIPを招き、彼らの参加や挑戦によって番組にさらなる魅力と話題性を与えます。


視聴者参加型コーナーを通じて、視聴者は番組に参加し、アームウォリアーズたちを応援することができます。視聴者の投稿やメッセージが番組内で紹介され、視聴者とのインタラクションを促進します。


番組のグランドフィナーレでは、最終的な優勝者に称号と豪華な賞品を贈り、参加者たちの成果と努力を讃えます。感動的な瞬間や参加者たちの成長ストーリーを振り返り、番組の成功を祝います。


ターゲット視聴者:

スポーツファンやアスリート志望者

エンターテインメント番組を楽しみたい視聴者

壮絶な筋肉バトルや人間ドラマに興味を持つ視聴者


放送形式:

週1回の定期放送で、1エピソードの尺は60分を予定しています。

プライムタイムに放送し、広範な視聴者層をターゲットにします。

各エピソードのハイライトや参加者のストーリーなど、追加コンテンツの配信も行い、視聴者の関心を引き続けます。


予算:

セットデザイン、撮影・編集クルー、キャストギャラ、特殊効果などの費用に充てられます。また、スポンサーシップや広告収入の獲得、オンラインプラットフォームとの提携による資金調達も検討します。


期待される効果:

視聴者にエンターテインメントとスリルを提供し、番組のファン層を形成します。

腕立て伏せを通じて健康意識の向上とフィットネスへの関心を促進します。

アームウォリアーズたちのストーリーや努力を通じて、視聴者に勇気やインスピレーションを与えます。

スポンサーとのパートナーシップを築き、広告収入を確保します。


以上が「ウォリアーズ 腕立て伏せバトルロイヤル」の具体的な競技案とルールです。

参加者たちはサバイバル形式でクォリファイアラウンドから始まり、ストラテジックバトルを経て最終的なファイナルバトルで優勝を目指します。


エキサイティングな競技とエンターテインメント要素を融合させ、視聴者に一体感と興奮を提供します。また、AI×VR×AR×IoTの進化形テクノロジーを用いた特殊なバトルフィールドやパフォーマンス要素を取り入れることで、視聴者に驚きと感動をもたらします。


「挑め、ウォリアーズ腕立て伏せバトルロイヤル──究極の肉体競技における至高の戦いが幕を開ける。筋力の持続性、瞬発力の爆発、俊敏性と敏捷性の舞台、精神力と集中力の極限挑戦、そして冴え渡る頭脳と鋭い判断力──人間の身体的能力のすべてを求められる、まさにその頂点競技がここに存在する。"最後の腕立て伏せ戦士"となり、世界最強のフィジカルモンスターの栄誉を手に入れよう!」

 

🔥『面白いエンタメネタ、筋肉ネタ』を募集している番組制作会社スタッフ、構成作家、放送作家、テレビディレクター、リサーチャー、AD、AP、プロデューサー各位、


筋肉・筋トレ企画の中でも特に「腕立て伏せ」と「ベンチプレス」の企画力、演出力、アイデア出しに関しては日本一のスキルを持っている自負があります。


枠にはまらない驚きの番組演出でスポーツエンターテインメント番組の企画を盛り上げます。所属フリーなので柔軟に対応出来ます。ご検討のほど、宜しくお願いいたします。


本企画に関するお問い合せはこちら➡https://www.pushup-thehero.com/contact

 

関連記事

 

★世界限定1台【腕立て伏せマシンのレンタル×パフォーマー】のサービスを展開中です。

レンタル料の詳細はこちらhttps://www.pushup-thehero.com/training-machine-rental

★世界限定1台【腕立て伏せマシンのレンタル×パフォーマー】のサービスを行っています。

★腕立て伏せ専門パーソナルトレーナーがマンツーマンで腕立て伏せの神業を指導します。

腕立て伏せ専門の出張パーソナルトレーニングの詳細はこちらhttps://www.pushup-thehero.com/personal-push-up-training

腕立て伏せ専門パーソナルトレーニング。日本初!腕立て専門のパーソナルトレーナーが指導。各社のパーソナルトレーニングはコースやプランが多く複雑でわかりにくいと思いませんか? 当社のパーソナルトレーニングはシンプル「ワンプラン料金」でサービスを提供しています。  「限界を超え、超人へ。腕立て伏せヒーロー養成プログラム」  コース料金 全24回 362,728円 (税込399,000円)   腕立て伏せマシンの基本レンタル料込

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
PUSH-UP💫THE HERO