top of page

フィジカル100の競技種目に腕立て伏せ×ベンチプレス!完璧な肉体Perfect Physical

更新日:2 日前

韓国で人気のサバイバル系リアリティ番組 Netflix「フィジカル100」について、腕立て伏せ専門家の立場から少し変わった角度で評論してみます。


フィジカル100とは!? 原題:피지컬 100、英題:physical 100

「スポーツ・オリンピック韓国代表、総合格闘家、ボディビル、ボディビルダー、警察、消防士、UDT(韓国海軍特殊戦旅団)スナイパー、飲食企業CEO、クロスフィットトレーナー、フィットネスモデル、ラッパー、シェフ、ミュージカル俳優、ポールダンサー、旅行系ユーチューバー、スタントマン、レスリング、バレーボール選手など鍛え抜かれた身体をもつ韓国の筋肉自慢100人が、フィジカル一つで肉体の限界を試すゲームに挑戦しバトルを繰り広げる筋肉バラエティで、日本の「筋肉番付やスポーツマンNo.1決定戦、SASUKE」に影響を受けた番組企画。中国でもフィジカル100と似たような番組を制作中との情報アリ。

フィジカル100とは!? 原題:피지컬 100、英題:physical 100 「スポーツ・オリンピック韓国代表、格闘家、ボディビルダー、警察、消防士、UDT(韓国海軍特殊戦旅団)スナイパー、飲食企業CEO、クロスフィットトレーナー、フィットネスモデル、ラッパー、シェフ、ミュージカル俳優、ポールダンサー、旅行系ユーチューバー、スタントマン、レスリング、バレーボール選手など鍛え抜かれた身体をもつ韓国の筋肉自慢100人が、フィジカル一つで肉体の限界を試すゲームに挑戦しバトルを繰り広げる筋肉バラエティで、日本の「筋肉番付やスポーツマンNo.1決定戦」にインスパイアを受けた番組企画。

日本ではこの類のコンテンツは生まれにくい土壌です。

似た企画にシルヴェスター・スタローンがエグゼクティブプロデューサーを務めた「アルティメット・ビーストマスター」というスポーツエンターテイメント番組がありますが、フィジカル100よりもSASUKEの競技の方が近いイメージです。


海外で大ブレイクした番組と同じフォーマットを日本で企画演出してもコケる可能性が高いです。良い例が、Amazon「ザ・マスクド・シンガー」ですね。

韓国発の筋肉コンテンツで世界的に大ヒットした理由の一つに日本とは違い韓国には兵役制度があり、筋肉への関心が強いのも人気の理由と分析しています。


完璧な肉体Perfect Physicalとは?

「フィジカル100」優勝者は、引き締まった無駄のない肉体をしたクロスフィット選手&スノーボーダーの「ウ・ジニョン」でした。

番組のテーマでもある「完璧な肉体とは?」の答えは彼の優勝で、完璧な肉体は、「ただ大きければ良いというものではない。無駄のない体こそが王者」と結論付けされました。


チャン・ホギ プロデューサーは「最高のボディとは? 肉体と肉体の比較をするにはどうすれば? 誰もが納得するような基準はあるのだろうか...?」の答えを見つけるべく、筋力やバランス、持久力、敏しょう性、意志の強さなど総合力を競い合い、身体能力の限界にチャレンジするクエストを考案したそうです。

第一回大会の優勝者を見る限り、筋持久力(スタミナ)、瞬発力(パワー)など一つの能力に特化したスペシャリストタイプのチャレンジャーよりもオールマイティーな能力を持ったチャレンジャーが勝ち残った印象です。


そう「完璧な肉体とは?」の答えは、一つではないのです。


番組プロデューサー チャン氏の言葉で心に残ったものがあります。

"この世にはさまざまなタイプの肉体が存在し、そのすべてが尊重されるべきだ"

「私たちの番組は、人々が自分の肉体について見つめ直し、自らを向上させるために何ができるか考えるきっかけを提供します。肉体的な強さだけでなく、精神的な強さ、そして自分を限界まで追い込む意志の強さも重要なのです」


これは私が世界の市場マーケット進出を夢見ている企画「PUSH-UP💫THE HERO」にも通じるところがあり、フィジカル100では登場しなかった自重トレーニングの定番「腕立て伏せ」や腹筋、懸垂、ウエイトトレーニングの定番「ベンチプレス」などをフィジカル100のフォーマットに取り入れ競技化したら面白いんじゃないかと思いました。

 

フィジカル100の競技種目一覧を簡単にまとめると、

クエスト0 「ぶら下がり

クエスト1「 1対1のデスマッチ

ステージA or ステージB (韓国相撲シルム)

クエスト2 「砂運び」(チーム対抗戦)

クエスト3 「船運び」(連合チーム対抗戦)

クエスト4 チーム代表戦

・アトラスの罰 (岩持ち)

・プロメテウスの火 (障害物競争)

・イカロスの翼 (ロープ登り)

・シーシュポスの罰 (岩押し)

・ウロボロスの尾 (トラックレース)

クエスト5 最終クエスト

1種目目 五角形綱引き

2種目目 四角板返し

3種目目 三角シャトルラン

4種目目(決勝戦) 無限ロープ引き

 

クエスト0 の「ぶら下がり 」はTikTokでもHANGING CHALLENGEが行われるなどSNSでも拡がりを見せています。


余談ですが、かつてテレビ朝日で「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー これができたら100万円!!」という番組があったのを覚えている人も多いかと思います。

その中の耐久チャレンジシリーズで「ロープぶら下がり」という種目があり、私もチャレンジャーとして出場したことがあり、ほぼ腕力と筋持久力だけで4時間耐えました。


優勝者は12時間超えの記録だったと記憶していますが、腕力だけで12時間耐えるのは人間には不可能で、優勝者は足がしびれないようロープにうまく足を絡めて筋力を消耗しないテクニックでぶら下がっていたので体力というよりは作戦勝ちの印象を受けました。

他にも72時間耐久 眠らなかったら100万円にも出場し50時間の記録も残しています。

フィジカル100の競技種目に腕立て伏せ×ベンチプレス!完璧な肉体Perfect Physical

「フィジカル100」スピンオフ企画で腕立て伏せとベンチプレスの競技種目をメインに製作?

フィジカル100は競技種目一覧を見ても分かりように複数の競技で、パワー、スタミナ、バランスと色んなタイプのオールマイティーな身体能力が必要なゲームとなります。


もし私がプロデューサーとしてフィジカル100のスピンオフ番組を作るとしたら、全く違う角度で「筋肉部位別のナンバーワン・フィジカルモンスターを決める大会」を開催します。


(Press 100) 大胸筋・上腕三頭筋・三角筋が主動筋の押す系の種目

競技種目案 (腕立て伏せ・ベンチプレス・ディップス)

(Pull 100) 広背筋・上腕二頭筋・僧帽筋が主動筋の引く系の種目

競技種目案 (懸垂・綱引き・綱登り・ボート漕ぎローイングマシン)


今回は、私が最も得意としている「腕立て伏せ」と「ベンチプレス」を種目に入れられる「Press 100」について競技アイデアを説明します。


~基本ルール~

・本編のようなチーム戦はなく己のフィジカルのみの個人戦で戦います。

・予選ラウンドは、時間制限型、決勝ラウンドはサバイバル形式で行います。

・全ての種目はフルレンジかつストリクトな可動域で行う事を前提とする為、厳密に判定できる最新型のセンサーやAIのマシンを設置し、目視で審査する審判も多く配置する。


1stステージ 腕立て伏せ100秒 (100名→50名) 記録上位50名が2ndに進出

2ndステージ ディップス100秒 (50名→30名) 記録上位30名が3rdに進出

3rdステージ ベンチプレス100秒 (30名→15名) 記録上位15名が4thに進出

※インターバルは各ステージ10分間

※ベンチプレスの重量は体重の70%のバーベルを挙げる


4thステージ 

1種目目  腕立て伏せ60秒

2種目目 ディップス60秒

3種目目 ベンチプレス60秒

※インターバルは各ステージ1分間

※ベンチプレスの重量は体重の50%のバーベルを挙げる

※3種目の合計回数の記録上位者4名がファイナルステージ進出

(苦手な種目は体力温存し得意な種目で回数を伸ばすなど戦略も見どころ)


FINALステージ

1種目目  ディップス・サバイバル 4名→3名 (1人脱落するまで無限に行うサバイバル形式)

2種目目 ベンチプレス・サバイバル 3名→2名 (1人脱落するまで無限に行うサバイバル形式)

3種目目 腕立て伏せ・サバイバル 優勝 (最後の1人になるまで無限に行うサバイバル形式)

Press 100の優勝者は、プッシュ系種目で完璧な肉体を持つ最強王者として認定されます。


※決勝戦は3秒に1回のテンポで打ち鳴らされる和太鼓のリズムで各競技を行い、テンポについていけなくなるか、力尽きたら競技終了となる過酷なサバイバル方式。

※インターバルは各ステージ10分間

※ベンチプレスの重量は一律30㎏のバーベルを挙げる(体重無差別)


動画:ノンストップ・ベンチプレス30㎏連続568回(世界記録)

体重60㎏の軽量級の人間が記録した動画で、体重が軽くても重量級と戦えることを証明しています。

腕立て伏せとベンチプレスの競技ルール・公式フォームの詳細はこちら


芸能界タレントの世界で出場して欲しい人は、武田真治です。

芸能界特技王決定戦TEPPENベンチプレスの無双ぶりと筋肉体操の腕立て伏せのパフォーマンスはレベチで芸能界ナンバーワン、一般人と比較しても遜色ないフィジカルを持っているので本気で練習したら優勝も狙える逸材です。


現役アスリートの世界で出場して欲しい人は、ボクシング世界チャンピオンの井上尚弥でしょうか。

あの細いからだから破壊的パンチ力を生み出すフィジカルモンスターの怪物が、腕立て伏せやベンチプレスでどの位のポテンシャルを秘めているのか興味がありますし、Press 100の競技は、体重の軽い人が有利な側面があるので、スーパーバンダム級の彼なら上位に食い込めるでしょう。


🔥番組制作スタッフ、構成作家、ディレクター、リサーチャー、プロデューサー各位、

筋肉・筋トレ企画の中でも「腕立て伏せ」と「ベンチプレス」に特化した演出力、アイデア企画力に関しては、日本のどんなに優秀なテレビマンより優れている自信があります。


また筆者自身も史上最強の48歳として現役の筋肉タレントでトレーニングを続けています。


❶「30秒間フルレンジ腕立て伏せ47回」

❷「60秒間フルレンジ腕立て伏せ80回」

❸「100秒間フルレンジ腕立て伏せ99回」

❹「ベンチプレス30㎏ノンストップ568回」➡https://youtu.be/ykNIDJ9LvYM

❺「ベンチプレス20㎏ノンストップ1453回」➡https://youtu.be/sM0ARgR4Z08

❻「ベンチプレス体重80%(44㎏)ノンストップ123回」➡https://youtu.be/HyGkFNDjJW8


この6種目は直近数年間で出したワールドレコードで、いまだ世界の誰にも抜かれていない世界記録です。

「世界最強」の筋持久力王を目指していますので、フィジカル100的な筋肉番組を作る際には、出演者、スタッフ裏方どちらでも構いませんので出演依頼・オファーお待ちしてます。

 

世界に1台【腕立てマシンのレンタル】を行っています。全国どこでも出張可能です。

筋肉番付で見る“あの感じ”で 腕立て伏せができる!

腕立て経験者なら誰もが一度は憧れる夢の腕立て伏せマシンにチャレンジ出来ます!


テレビ番組の筋トレ・腕立てチャレンジ企画、腕立て伏せ対決の企画の演出に腕立て伏せマシンを使ったスポーツ・筋肉バラエティー番組を制作してみませんか?

レンタル料の詳細はこちらhttps://www.pushup-thehero.com/training-machine-rental

世界でたった1台 【ワンオフモデルの腕立て​伏せマシンのレンタル】 日本全国のイベントどこでも出張可能です!

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
PUSH-UP💫THE HERO
bottom of page