top of page

筋トレの腕立て伏せが何故、罰ゲームの種類ネタになったのか?

更新日:4月8日

筋トレの腕立て伏せが何故、罰ゲームの種類ネタになったのか?


トップガンの訓練、バラエティー番組、アニメ、ドラマ、部活、自衛隊など「ミス」をしたら腕立てを要求する「罰ゲーム」としても腕立て伏せは一般的によく使われています。


何故、筋トレの種目である「腕立て伏せ」が罰ゲームの種目ネタになったのか?

小話しを1つお届けします。


腕立て伏せが罰ゲームのネタや種類になった背景には、その厳しさと普遍性にあります。

腕立て伏せは身体能力を高めるのに非常に効果的なエクササイズでもあるので、主に軍隊や体育の授業、スポーツチームなどで、部下や選手たちを厳しく鍛えるために、過酷な訓練や罰則を課してきた歴史的な要素があり、訓練や競技中にルール違反や不適切な行動を犯した場合、腕立て伏せなどの体力を使う罰則を課すことが一般的になりました。


罰ゲームの種類として、腕立て伏せは広く一般的に知られている筋トレのエクササイズ種目であり、誰でも何処でも簡単に実行できる運動で、そのハードさや苦しさがある程度共感されやすいものとなっているのも大きいです。


腕立て伏せは一度に多数の回数を行うことができる筋トレなので、疲労や筋肉痛を引き起こすことができるため、罰則としての効果が高いとされています。

筋トレの腕立て伏せが何故、罰ゲームの種類ネタになったのか?ーTVアニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」

また、テレビ番組や映画、漫画、アニメなどのメディア媒体でも、腕立て伏せが罰ゲームとして登場することが多く、そのイメージが一般化していったことも影響しています。


例えば、スポーツ系のドラマで、罰ゲームのシーンが登場すると、しばしば腕立て伏せが使われることがありますね。


バラエティ番組や遊びのエンタメ企画でも、罰ゲームとして腕立て伏せを取り入れることがあり、そのような番組が世界中で多く放送されているため、腕立て伏せが罰ゲームの種類ネタとして世界規模で定着していると言えます。


腕立て伏せの指導者は「やらされる」ではなく「やりたい」と思わせるようにモチベーションを導く事が大切なのです。

 

腕立て伏せの様々なテクニックを腕立ての専門家(パーソナルトレーナー)が楽しくワクワクするようなプログラムでレクチャー指導します。


芸能人やタレントのテレビ番組の腕立て伏せ挑戦企画や、プライベートでの腕立て伏せトレーニングにもご利用可能です。


腕立て伏せ専門の出張パーソナルトレーニングのご依頼はこちら。

腕立て伏せ専門パーソナルトレーニング。日本初!腕立て専門のパーソナルトレーナー

筋肉番付で見る“あの感じ”で 腕立て伏せができる!

★世界に1台【腕立てマシンのレンタル】を行っています。全国どこでも出張可能です。

腕立て経験者なら誰もが一度は憧れる夢の腕立て伏せマシンにチャレンジ出来ます!

「腕立て伏せ100秒チャレンジ」を是非イベントで開催してみませんか?

レンタル料の詳細はこちらhttps://www.pushup-thehero.com/training-machine-rental